2010年09月30日

ツボの構造

ツボを治療するとなぜ、効果があるのでしょうか?
西洋医学では効果があまり期待できない
慢性的な痛みにツボ治療が注目されています。

身体が健康でない時には、
気血のエネルギーが全身に万遍なく、
円滑に循環しているものです。

その流れが滞ったりすると、
苦痛が生まれます。
例えば胃もたれが起きたとします。
これは胃を巡る胃経という経路のエネルギーの循環が
悪化している証拠です。

治療者は身体のツボを探り、
胃経の特定のツボのエネルギーの流れが滞っているところに、
お灸や針などで刺激を与えます。
これによりエネルギーの流れを元に戻し、
症状を和らげ、胃の機能を回復させます。
つまり、ツボとは病気があらわれる箇所でもあり、
同時に治療の場所でもあるのです。

ですので、治療を行うときは、
どのツボを刺激するかがとても大切になってきます。
例えば、消化器系の足ツボは、外くるぶしの後ろ、
アキレス腱の前のくぼみにあります。

ツボ療法は、自分で行っても十分な効果があるので、
1度試してみてはどうでしょうか。
posted by ジロウ at 12:26| 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。