2010年10月14日

眠れないときにはツボマッサージでリラックス。

睡眠時間の理想は個人差がありますので、一概に何時間とは言えません。
しかし、頭が日中にボーっとしたり、身体がけだるい、重いなんて感じるようなら睡眠不足、あるいは睡眠の質が良くないことが考えられます。


このようなときは、自律神経のバランスが乱れている可能性があります。
足ツボマッサージなど、ツボへの刺激で改善効果が得られることがありますので、不眠に効くツボ刺激を紹介します。


高ぶっている神経を休めるためは、耳の後ろの完骨(かんこつ)や頭の百会(ひゃくえ)のツボが効果的です。
隔愈(かくゆ)という背中のツボも、自律神経の狂いを正常に戻し、イライラを抑えるツボとして使います。


また足のツボにおいては、中封(ちゅうほう。内くるぶしの頂点から、足の甲へ斜め下に指でさぐっていったときにある窪み)という足のくるぶしにあるツボを集中的に刺激するといいでしょう。
神経症に効果てき面のツボです。


ですが、ストレスが原因で不眠になることもあります。
ですから、ツボ刺激だけでなく、生活環境を調整することも大切です。
posted by ジロウ at 16:07| 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。