2010年12月07日

リフレクソロジーが体にもたらす効果

体の外側から内側に作用する施術のひとつがリフレクソロジーです。
リフレクソロジーをしてもらうことによって、新陳代謝があがり、本来体が持っている治癒力を高めることができるのです。


なぜなら、背術中に血液やリンパ液の流れが活性化されていき、体内の老廃物を外へ排出し、体の内側からきれいしていくことができます。
これによってそれぞれの内臓器官にまんべんなく栄養や酸素がゆきわたり、新陳代謝も正常になり、体が健康を取り戻すとされているからです。
そのため、それまで感じていた倦怠感や疲労感が解消され、体が軽くなったように感じるのです。
さらに体の冷えも解消されて、体が温かくなってきます。


リフレクソロジーは、体内をきれいにしていくことで、健康な状態を取り戻すものです。
倦怠感やむくみ、疲労感の残る体には持ってこいです。
その効果は、全身をマッサージしてもらうのと同様とまでいわれています。


だからといって、リフレクソロジーがどんな病気に対してでも効くというわけではありません。
器官や臓器のダメージが大きいようなら、医師の指示を仰いで治療にあたりましょう。
posted by ジロウ at 15:16| リフレクソロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。