2010年12月20日

生理中の女性へのリンパマッサージの是非

生理中は、なるべくならリンパマッサージをしないほうがいいといわれています。
その理由は、リンパマッサージをすると血行やリンパ液の流れが良くなってむくみなどが解消できるのですが、皮肉にも、これが原因で生理中は出血する量が多くなってしまう可能性があるためです。
その反面で、リンパマッサージによって体を温める効果を得られるのも事実なので、生理による痛みを緩和するのには有効とされています。


生理中(あるいはその前後)は、ホルモンバランスが特に崩れやすい時期で、また内蔵の機能も落ちてしまうために、結果として生理痛が起こりやすくなってしまうのです。
このときに、おなかや下半身のリンパマッサージをすることによって、生理痛の症状が軽くなることも少なくないようです。
ただし、このあたりは個人の健康状態によって差が生じるポイントとなりますので、リンパマッサージをするかしないかは、自分自身の判断に委ねるほかないようです。
posted by ジロウ at 17:38| リンパマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。