2010年12月29日

どうしてセルライトができてしまうのか

セルライトを取り除くにはマッサージをするのがいいとはご存知かもしれませんが、このセルライトが何故できるか、ご存知ですか?
マッサージとは少し話が逸れますが、今回はその理由について考察していきます。


セルライトの原因になる一番の要素が、脂肪細胞周辺の血行がよくないことにあります。
立ちっぱなしの姿勢を続けていたとすれば、下半身の血行がスムーズにいかなくなり、セルライトができやすくなってしまいます。


運動をほとんどせず、筋肉が少ない状態だと、十分な栄養素が細胞に行き渡らなくなり、次第に代謝機能が落ちてしまいます。
長期間この状態が続くと脂肪細胞の状態が変化してしまい、その周辺を繊維が取り囲んでセルライトになるのです。


また、30〜50代の女性に、もっともセルライトができやすいとされています。
この理由は、ホルモンバランスが変化することによって、代謝が下がってしまうからです。
それ以外の年代でもピルを服用していれば、ホルモンバランスが乱れ、セルライトを引き起こすこともあります。


不規則な生活や寝不足がストレスとなって、自律神経のバランスを崩す原因となります。
こうなると代謝機能が低下してしまい、セルライトができやすい体質になってしまいます。


最後に、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させ、血流を詰まらせてしまいます。
肉中心の食生活によっても、血中コレステロールが増加して血行が悪くなり、セルライトの原因になってしまいます。
posted by ジロウ at 13:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。