2011年01月27日

足の裏をスポーツマッサージでほぐすには

スポーツ医学に基づいて生まれたマッサージ法がスポーツマッサージなので、基本的にはそうした知識を習得した施術者、あるいはスポーツトレーナーによって実施されるものです。
ここでは、スポーツをし過ぎたときに、自宅でも安全にできるスポーツマッサージの一例をピックアップしてみました。
これで症状がよくならないのなら、すぐに専門家に診てもらいましょう。


・足の裏のスポーツマッサージ
受け手にうつぶせに寝てもらい、脚を直角に曲げます。
しっかりと脚を固定し、必ず靴下をぬいでから行いましょう。
足裏の真ん中からかかとへ、親指で押して移動させます。
次に軽くこぶしを握って、足の裏を指の関節を使ってもみほぐし、さらに足の裏を叩いていきます。
その後、親指の付け根でつちふまずを押します。


それぞれ疲労の具合にあわせて、この施術を数回ずつ行いましょう。
【関連する記事】
posted by ジロウ at 18:32| スポーツマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。