2011年10月07日

映画監督になりたいらしい

映像監督を目指している友人の作った映像があまりのクオリティで、
度肝を抜かれました。

スタッフを総動員して、名句や衣装や小道具にもこだわり、
演出や編集にもスキが無く、凄い作品でした。

とはいっても、やはりプロの作品と比べると、
力不足な感じは否めませんが、そんなところは、
アマチュアの荒削りさがカバーしていると思いました。

これから、一体どのような映画監督になっていくのかが、
見ものです。

※あえて、監督の名前は公表しない様にします。
posted by ジロウ at 16:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。