2011年02月25日

一番人気のアロマオイルはラベンダー

アロママッサージの際に利用されるのがアロマオイルですが、
種類によってさまざまな効能があります。

なかでも、一番人気なのが、ラベンダーです。
ラベンダーはアロマテラピーに使用される中で最も有名で人気のある精油です。

人気の理由は、どんな場面でも活用でき、ほかの精油とのブレンド相性が良いこと。
アロマテラピーの必需品ともいえるほどです。

その香りは、心のバランスを整え、怒りや不安、緊張を払う作用があります。 
独特のフローラルな香りを放ち、鎮静させます。
posted by ジロウ at 18:08| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

アロママッサージで癒しの効果

アロママッサージは、マッサージと
香りの二つの癒し効果を得られる方法です。

アロママッサージをすると皮膚から、
アロマオイルを吸収してマッサージと
アロマ二つの効果を得られるのです。

例えば、疲れが溜まっている場合は、
ローズウッドのアロマオイルでマッサージしてみましょう。

リラックスしたい時は、ラベンダーの甘い香りで癒しを、
元気になりたい時は、柑橘系の香りを楽しみましょう。

マッサージを行っただけでも、
血行が良くなりますが、アロマオイルを使用すると
さらに効果が上がり、より癒しを感じることができます。

アロママッサージが終わった時は、
軽く体を拭くか、そのままの状態にしておきましょう。

アロマオイルは、皮膚から吸収されて、
数時間後には、蒸発してします。

ほのかに香りも残るので、
しばらくの間癒されるでしょう。
posted by ジロウ at 19:59| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

アロマオイルマッサージをしてもいいとき、いけないとき

アロマオイルマッサージには、注意点がいくつかあります。
それを守らないと、かえって体を傷つけてしまうこともあります。


症状や体調によっては、アロマオイルマッサージを控えたほうがいいときもあります。
たとえば食後は、食べたものを消化するために血液が胃に集中します。
アロマオイルマッサージを食後すぐに行うと、血液が胃に集まらずに散らばってしまい、消化不良になることがあります。
食前、あるいは食後なら1時間ほど時間が経過してから、アロマオイルマッサージを行うようにしましょう。


さらに、おでき、発疹、潰瘍、打ち身、捻挫、骨折、じん帯の損傷、発熱、感染による病気などの症状があるときも、アロマオイルマッサージは避けるようにしましょう。
リウマチ痛や関節炎のある場所、けがなどで腫れや痛みがある場所、静脈瘤のある場所などへも、アロマオイルマッサージをしてはいけません。
妊婦やがんや心臓病などといった重病のケースは、アロマオイルマッサージをする前に医師の許可をもらってからにしてください。
posted by ジロウ at 13:49| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

アロマテラピーの香りの種類

アロマテラピーで使う精油には、
いろいろなタイプの香りがあります。

もともと植物性の香りのため、
人工で造ったような匂いではありません。

やはり、自然の香りと人工的な香りでは同じ香りに感じても
効果や自然さなどは、人工ではマネできません。

個性ある香りを把握しておくと、
より分かりやすく、精油を理解できます。

一般的な精油の香りは7つに分けられます。

・フローラル系…花系の香りで印象としては華やか、甘いという感じです。

・シトラス系…柑橘系の香りで、爽やかでみずみずしい印象です。

・ハーブ系…草系の香りです。

・ウッディ系…樹木系の香りです。主にヒノキの香りです。

・スパイス系…これはそのまま、スパイスの香りです。独特な香りが多いです。

・レジン系…樹脂系の香りです。樹木から抽出した樹脂の香りです。

・エキゾチック系…少し分かりにくいかもしれませんが、
         インド料理や、お香のようなアジアを感じさせる香りに近いです。

それぞれのタイプを把握して、自分の好みの香りを見つけましょう。

posted by ジロウ at 12:28| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

アロマオイルのいろいろ

徳川家康は70歳を過ぎて性病にかかった記録があるそうなんです。
家康が亡くなった時、最年少の側室は20歳だったそうですよ。

さらに家康は漢方マニアで、自分の病気も自分で調合した薬を使っていたみたいなんです。
でも、徳川一族以外には薬を分け与えなかったそです。

この頃から漢方があったと言う事は
漢方オイルマッサージなどもあったのでしょうか?

謎です…

アロマオイルと漢方アロマオイルの違いですが字のごとく
漢方の精油が入っているかどうかの違いです。
効能は微妙に違うみたいですね。

アロマオイルがリラックス効果が多いのに対し
漢方アロマオイルは風邪に効くなど病気にいいような効能が多いようです。

でもどちらにしろやっぱり体にはいいようです。

posted by ジロウ at 19:39| アロママッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。